--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/27 (Tue) アオダモの林の中に

DSC02235s.jpg

DSC02254s.jpg

 アオダモの林の中に、ペルシュロンの葦毛のウマが
佇んでいます。視線をこちらに向けて・・・
 まだ、若い馬でグレイが色濃く残って、ペルシュロン
の特徴である連銭模様がくっきりと見えています。

 いまはこんな感じですが、ある時期に急にこの黒墨の
ような色が抜けて白色に変わるのだそうです。
 でも、それは一体いつになることやら・・・

blogram投票ボタン





スポンサーサイト

| trackback(0) | comment(4) |


<<朝霧の中で爆走する若ウマたち!! | TOP | このキノコは毒or可食>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

この模様は若い馬にしかないんですね〜。
バンビの模様のような感じなんでしょうか・・・?
違う・・・かな、、(^ー^A

2011/09/27 21:48 | サキぽん [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

> この模様は若い馬にしかないんですね〜。
葦毛はわりと若さの証拠って感じですか・・・
 白馬になっても雨にぬれると地肌はやっぱり
 薄墨で描いたように浮きあがせって来ます。

> バンビの模様のような感じなんでしょうか・・・?
> 違う・・・かな、、(^ー^A
 パンビ模様は赤茶色に白班で、確か季節的なものですね・・・

2011/09/28 03:56 | けむぼー [ 編集 ]


 

まるで、「みにくいアヒルの子」が白鳥のようになるのですね。そして白馬の王子様の下部に・・・(笑)

2011/09/28 09:44 | anjye [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

> まるで、「みにくいアヒルの子」が白鳥のようになるのですね。そして白馬の王子様の下部に・・・(笑)

 白鳥もそういえば幼鳥はグレーですものね。ところで、このウマは牝馬です(笑)

2011/09/29 05:03 | けむぼー [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://kembou.blog59.fc2.com/tb.php/986-2986a29a

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

けむぼー

Author:けむぼー
重種馬たちと十勝の風景の四季の移ろいを切り撮っております。

ほんとにこんな光景がここにはあるのです・・・

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。