--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/04/21 (Sun) ニュー・シネマ・パラダイス

Alfreds.jpg
先日とっても凹んだときにみてました・・・
人生は長いようでもあり、短いようでもあり・・・
まさに「Nuevo Cinema Paradiso」のようにカットカットに
まとめられそうな気もするが・・・
振り返りみすれば、そこにずうっとイイ映画があったし、
映画に勇気づけられて生きてきたなぁ・・・
もはやアルフレドの世代ですけど~・・・
kokusai7s.jpg

totoss2.jpg
でも、それって「JAWS」かい!?

手乗りエゾリス計画進行中・・・


お知らせ:大震災の大津波で失われた岩手県宮古市の港町のかっての
町並みをギャラリーにしています。・・・・
 
こちらから
ウマたちやエゾリスくんのギャラリーは・・・こちらから

blogram投票ボタン




スポンサーサイト

風物イラスト | trackback(0) | comment(6) |


<<風の子 | TOP | ダブルレインボウ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


JAWSは怖くて見れませんでした。 

写真も好きですが、けむぼーさんの絵は想像力を掻き立てられ

別次元で好きですね。


寂れてしまう前は描かれた絵のように活気に満ち溢れていたん

だろうなと思います。


特に昔の写真ではその当時の様子は判りますが、全く時が止

まったままで、当時はこうだったんだと強制的に言われている

ような気になって、あまり好きではありません。


これからも、けむぼーさんの市街の様子を描いた画像が見たい

です。


ちなみに、私は映画を片手の指の数で足りるほどしか見たこと

がありません。


あまり、両親が映画に関心がなく、連れて行ってもらえませんで

した。


それもあってか、大人になってからも嫁さんと結婚前にデートで一

度足を運んだだけです。


でも、今頃になって、寅さんシリーズの面白さが判り後悔している

次第です。(^^;

2013/04/21 09:03 | いおパパ [ 編集 ]


思ひ出 

思い出は時に胸をキューッと締め付けることもありますが、ある意味とても健全な癒しという現実逃避だと思います。

画伯が主演の映画は、どんなストーリーでしょうか?「北の国から」と「ムツゴロウ王国」のコラボのような作品かな?うはは。

ミュージカル「ミス・サイゴン」というベトナム戦争の被害に遭うた女性が主役の作品があるのですが、その中に「我が心の夢」というナンバーがあるんです。映画のように夢を見させて~未来に光を見出させてという歌詞。

どんな人生も起承転結がちゃんとあります。そして、どんなカタチであれハッピーエンドで締めくくりたいですね。

2013/04/21 09:57 | うっちー [ 編集 ]


絵 

絵の中に懐かしの映画が並んでいますね。素晴らしい!学生服の人は誰でしょうね・

2013/04/21 11:44 | Kanon [ 編集 ]


Re: JAWSは怖くて見れませんでした。 

> 写真も好きですが、けむぼーさんの絵は想像力を掻き立てられ
> 別次元で好きですね。

 ありがとうございます。この半年、全く描く意欲を失ってましたが、
5月の連休に向けて何か描きたいなぁと思い始めています。

> 寂れてしまう前は描かれた絵のように活気に満ち溢れていたん
> だろうなと思います。

 ほんと映画館は自分が小学校の低学年ぐらいまではパラダイスでした。

> 特に昔の写真ではその当時の様子は判りますが、全く時が止
> まったままで、当時はこうだったんだと強制的に言われている
> ような気になって、あまり好きではありません。
> これからも、けむぼーさんの市街の様子を描いた画像が見たい
> です。
 人だかりがしている店屋の絵を描きたいですね。

> ちなみに、私は映画を片手の指の数で足りるほどしか見たこと
> がありません。
> あまり、両親が映画に関心がなく、連れて行ってもらえませんで
> した。
> それもあってか、大人になってからも嫁さんと結婚前にデートで一
> 度足を運んだだけです。
> でも、今頃になって、寅さんシリーズの面白さが判り後悔している
> 次第です。(^^;

 最近になってかみさんと一緒だとシニア割引でペアで2000円で見れるので、
 2時間何も考えずに映画の世界に入り込める映画館の密閉された空気を楽しんでいます。

2013/04/22 06:06 | けむぼー [ 編集 ]


Re: 思ひ出 

> 思い出は時に胸をキューッと締め付けることもありますが、ある意味とても健全な癒しという現実逃避だと思います。

 凹んでも再び立ち上がるためのしばしの現実逃避・・・確かにそんなところがありますね。

> 画伯が主演の映画は、どんなストーリーでしょうか?「北の国から」と「ムツゴロウ王国」のコラボのような作品かな?うはは。

うーん、以外に失恋ものだったりして(笑)

> ミュージカル「ミス・サイゴン」というベトナム戦争の被害に遭うた女性が主役の作品があるのですが、その中に「我が心の夢」というナンバーがあるんです。映画のように夢を見させて~未来に光を見出させてという歌詞。
> どんな人生も起承転結がちゃんとあります。そして、どんなカタチであれハッピーエンドで締めくくりたいですね。

 そうですね。どんなに苦しいときつらい時があっても、最後には心が救われるハッピーエンディング
がやっぱりイイですね。

2013/04/22 06:11 | けむぼー [ 編集 ]


Re: 絵 

> 絵の中に懐かしの映画が並んでいますね。素晴らしい!学生服の人は誰でしょうね・

 ははは・・・けむ某氏かも(笑)

2013/04/22 06:12 | けむぼー [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://kembou.blog59.fc2.com/tb.php/1577-5ed5cb94

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

けむぼー

Author:けむぼー
重種馬たちと十勝の風景の四季の移ろいを切り撮っております。

ほんとにこんな光景がここにはあるのです・・・

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。