2011/07/31 (Sun) 北海道の夏の花

DSC03002s.jpg

DSC01169s.jpg

 内地(笑)から戻ってくると、北海道の夏・・・
十勝の夏の花が馬の放牧地の傍らに咲いていました。

 ひゅるるるんと伸びる明るい青紫色のシッポ・・・
そうです・・・エゾクガイソウ

 この花が咲くと北海道も夏の盛りであります。
 

blogram投票ボタン





 

スポンサーサイト

十勝の写真 | trackback(0) | comment(2) |


2011/07/30 (Sat) 帯広33℃

DSC02852ms.jpg

 というわけでいろいろあった岩手の帰省・・・
まだまだ書き足りない話もあるのですけれど・・・
またまた北海道に戻って来ました。
 道内に戻ってからもう2週間にもなるのに心はまだ
岩手に残っている感じであります。

 でも、今年もそろそろまた種馬や種牛の検査の時期がや
って来ます。昨年は稚内の周辺だったが、今年は思いっき
り東の端の根室辺り行くことになるらしいし・・・知床も
近いしな~
 
 まあ、とりあえずご挨拶がてら、暑かった日の放牧地の
馬たち・・・円陣を組んでぐるぐると入れ替わり立ち替わり
かえって暑そうなのだが、馬たちは本能的に円陣を組むので
ありました。
 
 

blogram投票ボタン





 

| trackback(0) | comment(0) |


2011/07/29 (Fri) 宮古市末広町の割烹「おかめ」さん

DSC02196s.jpg

末広町にある割烹「おかめ」さん。おかめさんも例にもれず
今回の震災では一階部分が大変な被害を受けました。

 入り口付近には津波で流されて来た自動車が突っ込み、一階
は天井近くまで泥流が上がり、その汚れや臭気を綺麗に取り除く
ために御両親、そして息子さんやそのお嫁さんたちが家族一丸
となって再開にむけて頑張って、何とか5月の連休前に再開に
漕ぎ着けたという。

いつもは気易く話しかける、My Brotherも震災の被害の
修復に必死に取り組む息子さんたちには、声を掛けるのもはばから
れるほどだったと言っていました。

こっちに帰ってくる日の前の晩に実家の家族+私と息子とお邪魔
して、おかめさんの美味して切れのある料理いただきながら楽しい
ひと時を過ごさせていただきました。
DSC02500s.jpg

実はおかめさんのメニューの表裏の表紙には不肖私のイラストが使われて
おります。昼のおかめさんと夜のおかめさんであります。

話が長くなりますが、これには多少のいきさつがありまして、今年
亡くなった義父がおかめさんの料理が大好きで、よく我々を連れて行
ってくれました。義父の実家は昔昔末広町にあった旅館、おかめさん
とは御近所同士、幼馴染というかガキ大将とその子分のような関係で
もあったようです。

そんな昔からのお付き合いも合って、宮古の秋祭りの時はおかめさん
にお呼ばれされていたようで、私も義父のお伴でお邪魔したことがあ
ります。

 義父母とおかめさんの二階の特等席から、秋祭の手踊りや山車を見
せていただいたわけです。そのとき私の娘も宮古の高校に在学中で秋
祭りのこの特等席に毎年ご招待にあずかるのだけれど、折も折ちょう
ど第二期の期末試験の真っ最中、一度も顔を出したことがなかったら
しいのでした。そして、どんな娘さんか一度見てみたいと、その時に
ご主人からうかがって大変に恐縮した次第でありました。
 その翌年の夏休み、長年の非礼と不躾をお詫びに、娘ともどもご主
人をお訪ねしたことがありました。
 さらにその翌年の秋祭りの折、義父母とともに厚かましくも家族3人
(かみさんと私と末息子)宮古の秋祭を高見の席で堪能させていただき
まして、ご主人のお陰と心ばかしお礼の気持ちで描いた一枚というか2
枚なのでした。

夜のおかめさんの絵には窓から外を眺めるわれわれと、ご主人が描き込
んでありまして、この日の夜におかめさんの料理を頂きながらこの絵を
眺め、亡くなった義父のことを想う・・・実に感慨深い夜となりました。

okamesan2-640.jpg

okamesanyoru640.jpg



blogram投票ボタン





 

宮古 | trackback(0) | comment(6) |


2011/07/28 (Thu) はるけき北山崎

DSC01304s.jpg

DSC01318s.jpg

宮古から北へ・・・田野畑村の北山崎

途中見える海辺の施設や三陸鉄道の駅・鉄路も
大きな被害を受けていた。

それでも、北山崎お土産屋さんや食堂もちゃんと
営業していますし、200mもの断崖絶壁の上の
展望台から見る景色は変わらぬようにみえるけど・・・



blogram投票ボタン





 
 

岩手 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/27 (Wed) 山田町は・・・

DSC01072s.jpg



 帰省中は宮古だけでなく山田町や田老町も見てきました。
 国道沿いにあった町並みは大津波と火災で壊滅的な状況
だったことは聞いていましたが、これほどまでの被害とは・・・
ほんと街がないのでした。

DSC08714s.jpg

DSC08715s.jpg

 5・6年前に通りすがりに撮った秋祭りの風景、ちょうど
このドラッグ・ストアが建設中だったのに、いまやこんな
風景に変わり果てていました。

DSC01075s.jpg

 山田には弟の友人もいますが、大切な友人の一人は今も行方
不明のままです。

 しかしながら、自分が訪ねた7月中旬は、大津波で被害を受
けたファッション・センター「しまむら」や「ローソン」がもう
すぐオープンということで、町の人々がその営業再開を心待ちに
している状況がニュースで伝えられていました。

DSC01113s.jpg

DSC01116s.jpg

 また、船の関係の鉄工所を山田でやっていて工場も自宅も
流された弟の別の友人のことがニュースで報道されていました。
「俺がこうして生かされたのは、この山田で再興する漁業を自分
の技術で応援するためなのではないか。 そのために俺はもう一度
この地で立ちあがってみせる!」という彼の言葉が強く心に刻まれ
ました。
 彼は高校時代には応援団員として各クラブ員を大いに励ました
とのこと。そして今、被災地で漁師の皆さんの応援団のごとく頑
張ろうとしている彼に、こんどは弟と俺が下手なエールを送ります!!

フレー フレー ぜ・・ん・・・て・・ん!!



blogram投票ボタン





 

岩手 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/26 (Tue) 宮古市末広町川目商店さんにて・・・

海辺の周辺の景観があまりに変わってしまったのと対照的に、
海から数キロ離れた宮古市のかってのメイン・ストリートは
シャッターを閉ざしたお店もけっこうありますが、景観的に
はあまり変化がないような印象でした。

DSC02314s_20110726213312.jpg
 
 しかし、実際にお店の方にいろいろとお話を聞いてみると
ほんとうに車が店内に突っ込んでいるは、水はかなりの高さ
まで上がって被害は相当にひどかったとのことでした。

DSC02315s_20110726213312.jpg

うららさんがお描きになった川目商店に行ってきました。
http://www15.plala.or.jp/kembou/uraraworksmisekoya.html

 私も帰省のたびに宮古の濃いグッズを買わせていただいている、
末広町の川目商店さん。奥さまの話によると、地震があり津波
警報で非難後、一段落して帰ってみると、店内はぴっちゃぴっ
ちゃ、水は一時は背丈ほどの高さまではあったとのこと。


 店内は綺麗に修復されてその名残は表面上は気が付きません
が、その証拠として「津波はここまで」というマークが貼って
ありました!
DSC02317s_20110726213312.jpg

DSC02318s_20110726213312.jpg

 そして、その隣には何とミスタージャイアンツ長嶋さんの
「がんばれ!宮古」という手書きのの色紙がありました。

ご真筆だぁ!と感動しながら、三陸の醤油「富士勇の濃い口
醤油」と「こうせん粉」を買わせていただきました。

いつもなら必ず買って帰る丸長製パンのクッキーパンも
なく、さらに宮古製菓のちょっと小さい甘い食パンももはや
買えないという悲しい現実はありますが・・・でも、とって
もうれしかった川目商店さんでした。

 また、宮古グッズを買いにくっけ~ねんす!



blogram投票ボタン





 

宮古 | trackback(0) | comment(4) |


2011/07/25 (Mon) 鍬ケ崎港町交番のこと

DSC02607s.jpg

DSC00641s.jpg


宮古市の鍬ケ崎にあった港町交番を見てきました。

震災前はときどきここら辺の港の様子を写真に撮ろうと
うろついておりました。そのとき、交番のお巡りさんと
ちょうど遭遇、御挨拶するとニコニコと眼鏡の笑顔で
返礼していただきました。数年前のことなのでその方か
どうかはわかりませんが、先の大津波の際にここの交番
のお巡りさんが殉職されたと聞きました。

 ちょうど非番で4月の異動に備えて官舎で奥さまと引
越しの準備をされていたとか。けれども、地震直後に
交番に戻られて、同僚の方と住民の避難誘導の任務を
遂行中に大津波に流されたとのことでした。

DSC02608s.jpg

 全国から被災地の警備に応援にかけつけている警察隊
の方々住民の皆さんからのからの哀悼の意を表する言葉や
お花やお酒などがお供えしてありました。

 この場に立つと自然に手を合わせて深々と頭を垂れずに
はいられませんでした。

 参考までに在りし日の港町交番であります。
DSC08200s.jpg



blogram投票ボタン




宮古 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/25 (Mon) 平安の海へ

DSC01450s.jpg

いつものところから望む朝陽・・・
水平線のかなり上からやっと朝陽が顔を出したので
こんな色・・・

DSC01451s.jpg

静かな海・・・平安の海・・・
海辺の街の風景が一変してしまったのに・・・
変わらない海の景色に大きくため息をついてしまう
のでした・・・


blogram投票ボタン




宮古 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/24 (Sun) 幽玄「蛸の浜」

DSC00686rs.jpg

DSC00684s.jpg

 防波堤が破壊されて、消波のためのテトラポットも散り散りになった
蛸の浜・・・浄土ヶ浜のお隣の浜であります。

 蛸の浜の砂礫の岩にできた大きな穴から山背の波動がたなびくように
発せられている?

DSC00690rs.jpg

 いつもはくっきりと見える日出島も山背で霞むのでありました・・・



blogram投票ボタン




宮古 | trackback(0) | comment(3) |


2011/07/23 (Sat) やませの浄土ヶ浜

DSC00732s.jpg

大津波の記念碑も浄土ヶ浜を示す大きなプレートも
大津波に流されて海底から引き揚げられたものが
倒れたまま並べられていました。

浄土ヶ浜のいつもの場所に上がる。今年はツタウルシ
のなんと繁茂していることか・・・

そんなことより急にやませが流れ込み浄土ヶ浜の岩岩
を渡っていく・・・



blogram投票ボタン




宮古 | trackback(0) | comment(8) |


2011/07/22 (Fri) 浄土ヶ浜マリンハウス再開・・・その2

いよいよ浄土ヶ浜マリンハウスが再開する7月16日、
われわれも午後から浄土ヶ浜に行ってみました。
 時同じく観光遊覧船の再開等もあり、駐車場にはTV局の
取材の中継車も何台か来ておりました。
 わくわくしながらマリンハウスのある中の浜へ遊歩道伝い
に下りて行きました。
 おおっやっている!やってる!

DSC02403s.jpg
My Brotherは、震災前までは仕事仲間であり、震災後はマリン
ハウス復興に心血を注いで手伝っているあぶらっこさんの娘婿
にごあいさつ「おおっ!わげーもん、がんばってんな!」と・・・

 しばらくしてさっぱ船遊覧に添乗していたあぶらっこさん
が帰って来ました。

DSC02410s.jpg
お客様も実に満足げな笑顔でお戻りです。

DSC02412s.jpg
そして、「おおっ、けむぼー!今日も来ったーなぁ!」

そして我々も待ちに待った青の洞窟さっぱ船遊覧に出発であり
ます。
DSC02418s.jpg
 や~しかし、この船の回りに飛び交うカッパ海老せん目当て
のうみねこたちがまた楽しいのです。滑るヘルメットに上手に
止まっておねだり・・・周りのウミネコも必死になって空中
キャッチでゲットしていきます。
DSC02434s.jpg
 浄土ヶ浜の賽の河原や血の池地獄などのスポットを回ってから
いよいよ青の洞窟であります。ちょうど満潮に近くまた、光も
洞窟の外を照らすだけの西日なのでちょっと残念でしたが、それ
でもこの青色だけは堪能させていただきました。
 やーほんと実に満足の20分の遊覧、きっと我々も先のお客様
と同じ満足の笑みを浮かべていたことでしょう。

DSC02439s.jpg
や~ほんと、あぶらっこさん、ありがとうございました!!



blogram投票ボタン




宮古 | trackback(0) | comment(10) |


2011/07/20 (Wed) 浄土ヶ浜マリンハウス頑張ってます!!その1

宮古といえば浄土ヶ浜・・・浄土ヶ浜と言えば浄土ヶ浜マリンハウス
帰省するたびに必ずお邪魔して心に沁み入る宮古語りを聞かせてもらう
マリンハウスのあぶらっこさん。一体どうしているだろうとまず現地を
朝一の下見。

 建物は残っているものの窓や入口の破損した部分にはコンパネがはめ
られていました。
DSC00778s.jpg
しかし、コンパネにはマジック・インキでマリンハウス
再開にむけた熱い熱い決意表明や沢山の応援のメッセージが書き込まれて
おりました。読んでて本当に泣きそうになりました。

DSC00766s.jpg

DSC00767s_20110720203853.jpg


DSC00768s.jpg


参考までに数年前の夏に撮った写真
DSC09743s.jpg

朝下見に行ったあとで、午後から御挨拶に行ったところ、ちょうど試乗
のお客様の名跡「青の洞窟」のさっぱ船遊覧を終えて戻ってきたご本人
にお会いすることができました。

今回の大震災当日はちょうど3月の営業開始の日・・・大地震の瞬間
はお客様を乗せて名跡「青の洞窟」の遊覧中。大きな揺れの中いち早く
津波を想定し、お客様を安全な場所に避難させ、ざざっと業務用の小型
船舶等の退避をしてから急いで浜の高台に退避するも、その後ろには
大津波が迫りあと10秒でも遅れていたら、やられていたと言ってい
ました。


一方で海に近い住居は流され、最愛の奥様も亡くされ、奥様のことを
思うと今でもたちまちに涙が流れるという。でも、生きていくために
は、がんばんねーばとマリンハウス再開の準備を決然と家族そして仲間
と一丸となって進めているのでした。

マリンハウス本体は残ったものの中の施設・設備・商品は全部流され、
海岸周辺に散り散りに流失したモーターポートやさっぱ船、スワンボー
トのいくつかを回収。ネット購入でもさっぱ船を買い足す。

数はだいぶ少なくなったけれど、この夏に間に合わせるために補修して
7月中旬の営業再開に向けて頑張っているとのことでした。

DSC00851s.jpg試乗遊覧からもどってきた「あぶらっこさん」

・・・続く



blogram投票ボタン




宮古 | trackback(0) | comment(6) |


2011/07/19 (Tue) 浄土ヶ浜の朝

DSC01414tls.jpg

微妙な夜明けでした。いつものように朝陽を見ようとやってきました。
岩岩の配置は変わらぬけれど、浜の様子は大津波の影響で大きく
変わっておりました。

でも、シルエットだと昔と変わらぬ浄土ヶ浜・・・
やはりここは自分にとっても浄土なのかも・・・



blogram投票ボタン




宮古 | trackback(0) | comment(6) |


2011/07/18 (Mon) 大震災から4か月

DSC01557s.jpg


DSC02623s.jpg

 1週間ほど岩手の実家に帰っておりました。
大震災から4か月経ったわが故郷を見てきました。
市内でも被害が大きかった鍬ケ崎地区もガレキは
ほぼ片づけられ、基礎を残して更地になっており
ました。
 わずかに残り解体を待つ建物の前で時計を見つ
けました。そこには止まったままの時間が記憶さ
れておりました。

 わが町は大きな被害を受けましたが、再興に向け
て頑張っている宮古の人々に触れ、また自分のやる
べきことをいろいろと考えました。

 鍬ケ崎にある「かわべ商店さん」の仮店舗です。
弟の同級生のご実家です。弟と一緒に立ち寄って、
麦酒とドリンクを買わせていただきました。

 お父さんがんばっておられました。プレハブの建物に
魂が宿っている感じ!!さすがにお父さんにはカメラは
向けられませんでしたが、私のカメラを見て、ズームの
レンジをいきなり聞かれたのにはビックリ!

昔、同じ場所で撮った写真も参考までに・・・

 そして、俺らもがんばんねーば~!!とつくづく思い
ました。

 DSC00651s.jpg

 DSC00259s.jpg

DSC01796rls.jpg



blogram投票ボタン




宮古 | trackback(0) | comment(10) |


2011/07/17 (Sun) 考えるエゾリス?!

DSC09846s.jpg


大きなカシワの木の上で青々とした葉っぱに包まれて
何を考えるのかエゾリスくん・・・



blogram投票ボタン




エゾリス | trackback(0) | comment(2) |


2011/07/16 (Sat) 小麦畑とジャガイモ畑

DSC01109s.jpg


赤い屋根の畑作農家の小麦畑とジャガイモの畑がなかなかいい感じ・・・
空がもっと青ければよかったけれど、まーあこんな天気だから仕方がないかぁ・・・



blogram投票ボタン




 

十勝の写真 | trackback(0) | comment(4) |


2011/07/15 (Fri) デントコーン畑にて

音更町の丘陵地にあるデントコーン畑・・・
この丘を下った朝霧が湧いている谷合いに
酪農家があるのでした。

朝陽を撮るか・・・畑を撮るか・・・
どっちも撮ろうってそりゃあ・・・

DSC01012s.jpg

DSC01038s.jpg



blogram投票ボタン




 

十勝の写真 | trackback(0) | comment(2) |


2011/07/14 (Thu) おーう、わが子よ!!

DSC00237s.jpg

おかえしで・・・
DSC00233s.jpg

おーう、わがママよ!!
いい子・・・いい子・・・
DSC00234s.jpg




blogram投票ボタン

| trackback(0) | comment(0) |


2011/07/13 (Wed) 小麦畑に射しこむ朝陽

DSC01089s.jpg

 カラマツの防風林の間から木漏れ日のような朝陽が
小麦畑に射しこんできます。
 音更町の東側はちょっとした丘陵地帯で畑も傾斜
しています。同じ小麦畑でもこの品種はちょっと違う
感じ・・・禾(のぎ)がいささか長い・・・
 いつも見る小麦はホクシンという禾の短い品種です
が、ここの小麦はおそらくかっては幻の小麦と言われ
たハルユタカではなかろうか・・

DSC00477s.jpg

 最近は初冬に蒔いて越冬させて病害対策と収量を
上げる技術が導入されて、北海道産の強力粉に使われ
る品種として、十勝でも作付けが増えているようです
けど・・・



blogram投票ボタン

十勝の写真 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/12 (Tue) 夜明けの空

DSC01004s_20110709112550.jpg

DSC00994s.jpg

 梅雨前線が北上し北海道も湿った暖かい空気がやって来て、
雲の様子も動きもいつもと全然違うようだ。
 せっかくだから写真でも撮りに行こうと思ったのが、3時
30分・・・でも日の出も微妙な感じなので、いつもとは違
う北東方向へ言ってみる。
 同じ音更町内でもまた少し違う風景が見られるかと思った
が、あまり変わり映えのしない夜明けの畑でした(笑)。



blogram投票ボタン

十勝の写真 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/11 (Mon) 夏空の放牧地

DSC00911s.jpg

雨の日の後にはまた晴れの日がやってくる。
当たり前のことなのですが、晴れの日はうれしくなります。

そして昼休みに展望台へ行ってみると、青空と白い雲
うっすらと東大雪の残雪が見えておりますが、
この残雪もどんどんと小さくなっている感じ・・・

DSC00976s.jpg

馬たちはまだ展望台の下の放牧地にいました。
ごきげんいかが・・・さっそく若いペルシュロン
が挨拶にやって来ました。

DSC00972s.jpg
blogram投票ボタン




 

十勝の写真 | trackback(0) | comment(2) |


2011/07/10 (Sun) その馬の名前は・・・

通称「カニアシ」・・・
自分が勝手にそう呼んでいるだけですけど・・・

DSC00122s.jpg




 よーく見なくても・・・顔に蟹の足が
 プリントされてているのでありました・・・

PS.しばらく自動投稿を使ったUPが続きます。コメントのお返しが遅れますがあしからず・・・

DSC00123s_20110708204707.jpg



blogram投票ボタン




 




| trackback(0) | comment(0) |


2011/07/09 (Sat) 紅輪タンポポ咲く

DSC00848s.jpg

 たんぽぽという名前でも初夏に咲くオレンジ色の目立つ花
外来種の紅輪タンポポです。

 牧場の中でも咲く場所は意外に限られておりまして、グラウンド
縁に並ぶ白樺とトドマツの並木の下に咲いています。
 日当たりの良い午前中だけぱあっと咲いて、午後は閉じてしまっ
ています。

DSC00854s.jpg

 先週、音更町の写真家で牧場の大OBでもある「森金蔵さん」が、
御年94歳というお年になられても、音更神社の森に棲むエゾリスの
撮影に執念を燃やしている姿をNHKの帯広支局作製のニュースの中
で取りあげておりました。私もその姿に実に感動したのですが、土曜日
の朝、仕事で場内を巡回していると、この紅輪タンポポの群生する
様子を朝から望遠レンズで撮っていたのはなんその本人「森金蔵さん」
でありました。
 
 自分はこの写真その数日前に撮っていたのですが、やっぱり同じもの
でも撮り方は全然違う。ずいぶん遠くから望遠で引っ張ってぎゅぎゅっ
と画面いっぱいに紅輪タンポポを圧縮して詰め込んだ感じでしょうか・・・

 あー先達はやっぱりちがうなぁ~と感心した次第でありました。



blogram投票ボタン




 

十勝の写真 | trackback(0) | comment(6) |


2011/07/08 (Fri) 目を剥く葦毛の馬

DSC00297s.jpg

普段はこんな表情をみせることのない葦毛の馬・・・
目を剥いて、大きく口を開けて歯も剥きだし、
いったい何?

どうやらこの一瞬のカメラ、葦毛の馬の神経に触った
かしら・・・

DSC00300s.jpg

あ~仔馬の授乳タイムかぁ?!



blogram投票ボタン




 

| trackback(0) | comment(2) |


2011/07/07 (Thu) ナガイモ畑の朝

DSC02456s.jpg

十勝はジャガイモだけでなくナガイモの産地でもあります。
しかも品質がとってもよいので遠く台湾の地まで輸出され
てもいます。

遥か遠くまでポールとネットが連なっているナガイモ畑
今時はナガイモの弦がどんどんとネットにからまってこれ
からびっしりと葉を広げる準備期間のような時・・・
ネットとマルチが朝陽を浴びて輝いています。



blogram投票ボタン




 

十勝の風景 | trackback(0) | comment(2) |


2011/07/06 (Wed) 小麦の色

DSC00302s.jpg

DSC00301s_20110706023334.jpg


先日のじゃがいも畑の隣は小麦の畑・・・
緑と銀色と金色が混じり合ったような色合い
で、まだまだ小麦色ではないけれど、けっこう
実の入りは良好のようです。

北海道産の小麦を使ったパンやうどんが地元
でも人気です。この小麦はどんな用途に使われ
るのかわからないけれど、ときどきAコーポから
小麦粉を買って何の変哲もないパンを焼く。

DSC00059s.jpg

 味を噛みしめるパン・・・どこかこの風景に
通じるものがある気がしているが・・・



blogram投票ボタン

十勝の写真 | trackback(0) | comment(6) |


2011/07/05 (Tue) 雨の日の放牧地

DSC00378s.jpg

DSC00365s.jpg

 昨日は雨・・・
 十勝では珍しい雨粒の大きなハード・レインの日
 昼休みに馬たちが放牧されている放牧地へ・・・
 牧草も背高く伸び穂が立ち、馬たちも顔をあげないと
 牧草に体が隠れるぐらい・・・
 こんな日の訪問者に馬たちは何しに来たんだと首を
 擡げて耳を立てて注目・・・
 おたがい御苦労さんって感じでしょうか・・・



blogram投票ボタン




 

| trackback(0) | comment(0) |


2011/07/04 (Mon) 白樺と男爵いもの白い花

DSC00902ss.jpg

DSC00901ss.jpg

 日曜日の夕方、仕事の帰りに立ち寄ったじゃがいも畑
じゃがいもの白い花・・・たぶん男爵いも系の畑でしょう

畑のトラクターの入り口にどーんと白樺の木が立っております。
この色合いはいまだけ・・・白樺の樹皮と男爵いもの白い花
この景色に土日仕事の疲れも少し癒されたような気がしました・・・



blogram投票ボタン




 

十勝の写真 | trackback(0) | comment(2) |


2011/07/03 (Sun) じゃゅがいもの花一面に

DSC03900s.jpg


DSC03912s.jpg


7月に入って十勝の畑はジャガイモが花盛りです。
 こっちに来るまではメイクィーンや男爵ぐらいしかジャガイモ
の品種は知りませんでしたが、最近はレッドムーンという
サツマイモばりの赤い皮のイモ、インカのめざめという割って
みると既にバターが塗りつけられてあるかと見紛うばかりの
あざやかな黄色いイモ、トヨシロというだれでもポテトチップ
ができる加工用のイモなど、実にバリエーションが沢山ある
のだそうです。
 そういえば、近くのじゃがいも畑もいろんな色の花が咲いている。
どれがどれだかしらねども・・・星のごときイモの花



blogram投票ボタン




十勝の風景 | trackback(0) | comment(10) |


2011/07/01 (Fri) そばの花咲く

DSC03569s.jpg

この2・3日ばかりほんとに暑さが身にしみる感じ・・・
帯広でも30℃前後、夜も実に寝苦しい・・・

我が家の庭でもこぼれダネのそばの花が咲いています。
十勝でも鹿追町や新得町はそばの産地になっております。

これも撮り置きですが、カラマツの防風林傍のそばの花咲く
畑(鹿追町)であります。



blogram投票ボタン





十勝の写真 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

けむぼー

Author:けむぼー
重種馬たちと十勝の風景の四季の移ろいを切り撮っております。

ほんとにこんな光景がここにはあるのです・・・

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード