2010/09/30 (Thu) 疾走するウマの群れ

DSC08551sl.jpg

DSC08552sl.jpg

ウマの本分は走ることにあり・・・

ときどきは本気で走ることもあるようで・・・

何がきっかけで走るのか・・・

若いオスウマですから・・・


blogram投票ボタン

スポンサーサイト

| trackback(0) | comment(0) |


2010/09/29 (Wed) エゾジカとの対峙 at 稚内

DSC06932s.jpg

DSC06929rss.jpg

DSC06933s.jpg



十勝の牧場の中にもエゾジカがおり、放牧地を回っているとウィーピーと独特の警戒するシカの声が聞こえてきます。秋が深まるにつれそんな声をよく聞く今日この頃・・・

しかし、牧場にいるエゾジカは警戒心が強く、なかなか対峙することはありません。でも、8月に訪れた稚内でのこと、稚内公園の100年記念館の周りの野草園の夜明け前、そこにはエゾシカのコロニーがぞろぞろと、そして岩石の上に立っている1頭としばし対峙することに・・・

稚内のエゾシカは少し人慣れているのかも知れませんけど・・・こんなに近づいて撮れるなんて!!

黎明の稚内の港湾を背景に・・・




blogram投票ボタン

旅の写真 | trackback(0) | comment(2) |


2010/09/28 (Tue) 秋の馬たち・・・朝の光景

 DSC09414s.jpg

DSC09431s.jpg

めっきりと秋らしくなった日の朝の光景です。馬たちは一旦放牧を終えて、子馬たちは健康や体側などの検査を受け、さらに烙印を捺される予定とのこと。

受難の時がやってきますが、親子はそれを知ってか知らずか・・・いつものとおり、サイド・バイ・サイドです。



blogram投票ボタン

| trackback(0) | comment(0) |


2010/09/26 (Sun) いまどきのウマたち・・・

DSC08890s.jpg

DSC08973s.jpg

DSC08892s.jpg

DSC08987s.jpg

馬肥える秋といいますが朝の気温が5℃近くになって秋がいよいよ本格的になって来ました。
遠く東大雪の山々にも薄らと冠雪が見えるようになりました。

いつもは品のあるストレートヘアーの鬣(たてがみ)が自慢のビューティフルなウマたちですが、この季節、夏にきれいな黄色の小さな花々をつけていたキンミズヒキの種がの鬣にびっしりとこびりきます。
そして、鬣をドレッドというかレゲエというか、ちょっとファッショナブルに決めてくれるのでした。

でも、ウマたちの顔がいまひとつ困ったようにみえるのは気のせいか(笑)


blogram投票ボタン


| trackback(0) | comment(0) |


2010/09/25 (Sat) 國稀・・・最近のお気に入りの日本酒

DSC00015s.jpg
 稚内の夜に南稚内の割烹で飲ませてもらった日本酒が「國稀」。
 最初、冷やでぐいぐいとつがれて飲んでいたが、これが結構うまい。この酒ばかにうまいなぁ! えええっどこの酒?

かなり効いてきた酔眼で見ると・・・なになに増毛とな・・・日本酒を飲んでゾウモウというのもありがたい・・・酔ってる酔ってる!!

実は宗谷の隣の留萌管内増毛町で作られている日本酒、日本最北端北緯44度の酒蔵なのだそうです。


きりっとした味わいの中にも吟醸香があり、かといって甘いわけでもなく美味いの一言・・・
でも結構酔っていたのでどの國稀かわからない・・・たぶん純米國稀と思しきも・・・

北海道では日本最東端の酒蔵・・・根室の「北の勝」がしばらくはお気に入りでしたが、これからはしばらく最北端のにしようっと・・・そこでとりあえず稚内から帰ってから上選「國稀」を買って飲み始めた次第・・・

一升1850円で買いましたが、値段のわりにはかなり美味い酒、このところ毎晩飲んでいます!!
この下にふつうの「國稀」があるらしいので・・・はやく上選を飲みきって・・・ふつうのにしよう!!


blogram投票ボタン

飲んだ | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/24 (Fri) 帯広で白河ラーメンとは・・・

地元の新聞の広告欄を見ていたら、道東唯一のデパート「藤丸」で全国おいしいものフェア~開催・・・何何・・・あっ、白河ラーメンがあるじゃない!

今日は休みなので家族を連れて7F催事場へ・・・既に会場は沢山の人人人でいっぱい!ぐるぐる回っていると「白河ラーメン」ののぼりの立ったブース・・・あっ、あった!

でも、おばさんとぼくとつとした眼鏡の若者が二人で準備中、お客はまだゼロ・・・横目で見ると菊忠製麺・・・白河の多加水麺・・・「どこのかと思ったら菊忠製麺か!」竹踏み手打ち麺を期待していたので、ちょっと気落ちしたけど・・・せっかくはるばる白河からきたからには、少しでも買って帰ろうか・・・でも、もう1周会場のブースを回ってからにしようっと・・・

2周め・・・やっぱり白河ラーメンのブースには客は誰もいなかったので、家族4人でブースの前に並んで麺やらワンタンやらを「えええっ何何??」という感じで眺めていると、やっとおずおずと件の若者から「試食どうぞぉ!」と割り箸を渡される。

そして、待つこと2・3分・・・薄い飴色のスープに細麺の入ったカップ入りの白河ラーメン・・・このところの運よく白河オリジナルの手打ち中華をずいぶん食べこんでいる舌にはちょっとこのストレートの細麺は違和感があったけれど、まあ機械麺だってこれも言ってみれば正真の白河ラーメンの一つには違いなく・・・さらにネギ油をタラッと入れてもらったら「おおおっ!うま!」ついついスープも飲み干してしまったのでした・・・

我々家族がブースにへばりつくようにニコニコと試食していたものだから、行列の方程式ではないけれど、なんだなんだとほかのお客さんたちも集まってきて、試食もあっという間に賑わいってきたのでした。

そして、試食だけで帰るのやっぱり気が引けるので買っちゃいました。はるばる遠くから持って来ているせいか、それなりに値が張りますが、4食分とネギ油とワンタン・・・私ら白河好きですから・・・

DSC00010s.jpg


DSC00013s.jpg


blogram投票ボタン

食べた | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/23 (Thu) たまにポテトチップは手作りで

先日、鹿追の道の駅で、加工用の品種のジャガイモをゲット!!なんと5kgで450円・・・

 この加工用品種を買うと作りたくなるのがポテチ・・・無知の時は男爵やメイクィ
ーンで挑戦してカリカリ感がでなかったり、焦がしたりしていつも討ち死にしていたけれけど、
このイモさえあれば誰でも絶対に美味いポテチが自宅でできるのでありました。

 スライサーや超絶薄切り包丁技なども不要、かなりの厚切りでも焦がさずにそこそこのパリ
パリ感のあるポテトチップができるのでした。
 
 そのジャガイモは"トヨシロ"・・・トウシロウではありません!!けれどもトウシロウでも
実に美味しいポテチが間違いなくできるのであります。

温度高めの油に放り込んで、きつね色の輪紋が出てくるまでじっくり揚げて、吸い取り紙で余分
な油を吸い取って、紙袋に放り込んで、好きな塩を適量放り込んでシェイクするだけ!!

今日はシェフの隠し味クレージー・ソルトとアルペンザルツのダブル・スープレックスで・・・

イモ10個分は揚げたはずなのに、子供たちが食べつくし自分の口に入ったのは多分4・5枚か・・・
まあ、喜んで食べてもらえたからまあ、いいっか~・・・十勝の”トヨシロ ヨロシク!”

DSC00030s_20100923195922.jpg



blogram投票ボタン


食べた | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/23 (Thu) 川霧の朝

秋にはよく川霧の出る十勝川・・・そこに朝陽が昇ってくるとフォトジェニックな別世界に変ります。

立ち昇る朝霧、差し込んでくる陽光、黄金色に輝く川面、飛び立つ水鳥・・・

DSC09841s_20100923071758.jpg

DSC09852s.jpg



blogram投票ボタン

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/21 (Tue) 農家の朝・・・

 9月も半ばを過ぎてやはりいつも通りの秋がやってきてどんどんと朝も冷え込んできています。
十勝川近くの朝霧のよく出る畑作地帯にある農家、サイロや防風林がなかなか絵になるのでした。
 
 酪農家の朝は早いですが、夜明け前まだ牛のモーモーという声しか聞こえませんけれど・・


  

DSC08865sr.jpg

DSC08878s.jpg



blogram投票ボタン




未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/20 (Mon) 戯れる若いウマたち

DSC08572s.jpg


DSC08573rs.jpg

DSC08589rs.jpg

 若い雄のウマたちは食べたり寝たりする以外の時間は、仲間同士で戯れていることが多い・・・
 ちょっかいを掛けあって、ちょっとしたきっかけで鬼ごっこやバトルが始まります。





blogram投票ボタン


| trackback(0) | comment(0) |


2010/09/19 (Sun) 秋の馬たち

帯広~音更にかけてはぐだぐたの濃霧の朝で、こりゃあ絶好の撮影日和と5時前に出動したのだが、
駒場市街の手前から・・・あららららら霧が晴れてる・・・残念!

またしてもと思ったが、思い直して若い雄馬たちの放牧地へ向かう・・・
防風林に囲まれた牧場のなかの放牧地はところどころ薄い霧が残っている・・・
ひょっとしたら・・・ああああっ、いたいたい!おおおっ、いい感じ・・・

でも、腕とカメラが付いていかない・・・ということで、今日も敗北感・・・一敗地にまみれて帰るのか!?

静寂の時・・・
DSC08491s.jpg

そしていきなりの躍動の時・・・
DSC08468s.jpg




blogram投票ボタン

| trackback(0) | comment(0) |


2010/09/18 (Sat) 港町…釧路

 数年前の夏に行った釧路、港の街です。夜明け前に霧の幣舞橋の辺りをうろうろしていると、漁船が行ったり来たり・・・あっ、あのアームみたいのがいっぱいついているのはサンマ船、あっあのランプが連なっているのはイカ釣り船。

 ふだん十勝の真ん中あたりにいると海がとても遠く感じるのですが、海辺の港町で生まれ育ったので海の音や潮の香りが実に懐かしくなるのでした。脂ののった大きな秋刀魚も安くなり、イカも大きく身が厚くなってとっても美味しいありがたい季節・・・肥えないように楽しみたいものです(笑)。

DSC00012s.jpg


DSC00095s.jpg

DSC00052s.jpg

DSC00045s.jpg



blogram投票ボタン

旅の写真 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/17 (Fri) 稚内港の外国船の犬

稚内の新港辺りをうろうろしていたら外国船の幌の後ろから顔を覗かせている犬に気がつきました。
やっぱり最北の地だからロシアの犬かとついつい思いこんでしまいました。

 かの大陸は狂犬病の常在地だから、検疫の関係で上陸できないので、少し浮かぬ顔つきをしているのかな・・・
などと妄想気味・・・

 でも、帰って来てからよーく写真をみてみると、プノンペンと書いてある・・・そして国旗
世界の国の国旗ならなんでも知っていると豪語する息子Bに聞いてみたら・・・あっさり「カンボジアだよ!」

そうか、カンボジアの犬だったか・・・はるばるの北寄港・・・ご苦労様です!!

DSC06820s.jpg

DSC06819s.jpg

DSC06826s.jpg

 

blogram投票ボタン

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/16 (Thu) 忘れたころに白河ラーメン

リマインド・・・

新白河駅の高原口にある「せきた」・・・相性が悪いのか、出張日程が悪いのか
いつも定休日か閉店時間・・・なかなかありつけなかったのがここの白河ラーメン

今回は金曜日の夕刻・・・運がいいことに開いていた。すかさず「手打ち中華」
500円を注文・・・単純だけれども、あーこれもPUREな白河ラーメン
プヨプヨでウェーピーな手打ち麺に、見た目はギトギトなのに割とあっさりした
美味いスープがよく馴染で、ああああっこれぞぉ白河ラーメン・・・うまっ!!
白河ラーメンの具の基本、海苔もホウレンソウもやっぱりこのスープには実に
マッチしているのでありました。

 せきたの白河ラーメンを食べて、満足して白河駅に直行して帰途についたので
した。
 おみやげは、駅の売店で大清水の白河ラーメン6食入り980円×2・・・

 白河ラーメン中毒だがね・・・
DSC00048s.jpg

 

blogram投票ボタン

白河ラーメン | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/15 (Wed) はいっ!! ママ、タッチ!!

放牧地でお母さん馬を追いかけていた子馬・・・あれあれ、という間に前肢でタッチしてしてしまったのでした。
もう背丈も大きくなって、顔の位置も人間よりも高くなった子馬でも母馬と比べるとまだまだなのでした。


DSC08295ss.jpg


DSC08296s.jpg


ハイ!鬼はママ

DSC08297ss_20100915050842.jpg

 

blogram投票ボタン

| trackback(0) | comment(2) |


2010/09/14 (Tue) 朝一に駆ける仔馬

家の周りは濃い朝霧が立ちこめており、今日はいい感じの写真が撮れるのではと、15分で牧場へ直行・・・
しかし、牧場はくっきりと晴れて、霧がない・・・たった15kmほどでこんなにも違うのか!!

やっぱり最近、ついてない・・・でもあきらめての帰りがけに子馬をみつてパシャリ!!
元気だね~!!

DSC08326s.jpg


 

blogram投票ボタン

| trackback(0) | comment(0) |


2010/09/13 (Mon) 悩める子馬

丈の高い牧草に圧倒されたのか、ちょっと思案気味の表情をみせる秋の子馬くん・・・

秋が進んでいくにつれ離乳の時期も近づいてくるのでした。

DSC06215s.jpg


 

blogram投票ボタン

| trackback(0) | comment(0) |


2010/09/12 (Sun) 稚内港から・・・

稚内港のフェリーターミナルから朝6時30分に島に向かうハートランドフェリー 
サイブリア宗谷が出向していく・・・

朝の陽光にきらめく海面、灯台、滑るように港を離れていくフェリー・・・

あー、今度来るときは仕事を離れて礼文島、利尻島へ行ってみたいなぁ~ と
強く思った次第であります。

DSC07165s.jpg

 

blogram投票ボタン

旅の写真 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/11 (Sat) 秋霧の豆畑

 ついこないだまで暑い暑いといっていたのもウソのように気温が下がって霧も出てちょっとチリーな朝でした。
 十勝の豆の畑も黄色く色づいて・・・もう秋なんだなぁ・・・やっぱり・・・季節は巡るのでありました。

DSC07057s.jpg

 DSC07109s.jpg

 

blogram投票ボタン



十勝の写真 | trackback(0) | comment(2) |


2010/09/10 (Fri) 火風鼎のチャーシュー麺

 先日、遅い昼飯に食べた火風鼎のチャーシュー麺。なんと3年振りの火風鼎、時間も3時30分。いつもは大変に混んでいる白河ラーメン街道のこのお店も自分を入れて4・5人といったところ。ここのラーメンにゆったりとありつけるなんて実にラッキーなのでした。

火風鼎のチャーシューはつるし豚肉を火で炙っているのでチャーシューの断面に赤い色が浮かぶのだという。無理矢理薄切りした切り置きのチャーシューを目いっぱい入れるのではなく、厚みのあるチャーシューをその場で切り出したのが4・5枚ゴロっと入っているのですが、しっかりした肉味と適度な柔らかさで実に美味い!!これで880円とこれもありがたい価格なのでした。

麺もかたからず、やわらかからず。スープも薄からず、しょっぱからず。

数年ぶりにカウンター越しに垣間見たマスターの顔はまたちとょっと年輪を重ねた感じでしたが、お隣のうどんやのご亭主と同年のいうから、たぶん耳従うお年・・・

ほんとあんしんゆったりおいしい白河ラーメン・・・ご馳走様でした。

DSC00022s.jpg

 

blogram投票ボタン



白河ラーメン | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/09 (Thu) 太平洋の夜明け

ダイナミックな夜明けと言ったら十勝太の断崖の上から望む太平洋の夜明けであります。

外洋からくる大きな波頭の群れが朝陽に照らされてどんどんとやってくる様は実に壮観です。

水平線上に昇って来た太陽のそばを大きな客船や貨物船が進んでいく光景も見ているだけで実に楽しいです。

一度冬になったらまた行ってみたいと思っているのでした。

DSC06785s_20100909075615.jpg


DSC06805s_20100909075433.jpg


DSC06814s.jpg



 

blogram投票ボタン

十勝の写真 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/08 (Wed) やっと秋に突入か・・・

 昨日の夜からやっと普通の9月の感じに戻って来ました。
 なかなか馬肥える秋にならなかった9月上旬・・・馬たちもぐっすり眠れたかな

DSC07754s.jpg


 

blogram投票ボタン

| trackback(0) | comment(0) |


2010/09/07 (Tue) 北オホーツク海をながめながら枝幸町のカニカレー

毛カニの漁獲高日本一の町、枝幸町・・・せっかくここまでやってきたので、ランチだけでもカニものを食べたいなと・・・入ったのは北オホーツクの海を一望できるホテル ニュー幸林のレストラン。

ここの週替わり定食はいつもカツの卵とじで、全く不変の週替わりいうウワサはつきないけれども、料理は期待できるらしいのでした。カニ甲羅入りカニ味噌ラーメンも魅力的だったけれど、頼んだのはカニカレー。

ベニズワイとおぼしきカニバサミがにょきりと3本はいっており、よーく見るとほぐれて細かくなったカニの身がカレーの中にちりばめられているのでありました。

カニの身の醸し出す甘味とそれに対抗すべくホットな辛さが絶妙で、さすがに北海道ボリュームもたっぷりで満足の一品でありました。

DSC00174s.jpg

 

blogram投票ボタン


食べた | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/06 (Mon) 一本白樺と白馬

 夕暮れが近づく展望台の放牧地、葦毛の馬が静かに一頭草を食んでいました。

 声をかけると頭をあげてふりむいてくれました。

 DSC07655s.jpg

 

blogram投票ボタン

| trackback(0) | comment(0) |


2010/09/05 (Sun) 旅の空から

 十勝帯広~東京羽田便をよく使うのですが、航路がちょうど自分の生まれ故郷である三陸海岸の港町の上空を通過する。高度3300メートルの上空から見えるわが故郷、年に1度ぐらいしか帰れないけれど、東京への行き帰りに通過するのは年に6~8回ほど。
梅雨時は雲海の上を飛んでいるので何も見えないけれど、真冬や真夏の時期はよく見えることがあるのです。上空から見える故郷の街に勇気をもらい、もうちょっと頑張ろうかという気持ちになるのでした。
 今回は往きは全然見えなかったけれど、帰りの便の窓からは昔泳いだ海岸の名残や防波堤ががくっきりと見えたのでした。街自体は薄い霞の雲に隠されて見えなかったけれど、あああっ俺の街!俺の海!「元気で頑張るからね!!」と心の中で叫びながら十勝に戻ってきたのでした。さて・・・何をがんばろう・・・それも問題だ!?

DSC00072s.jpg


blogram投票ボタン

旅の写真 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/04 (Sat) ワカメうどんbyめん処「清竹」

 昔、白河にいたころの大恩人から暑中見舞いが届いたのだが・・・・えええっ!!

夫婦で「うどん屋」はじめました。

 退職されたとは聞いていたのだが、この展開にかみさんともども驚いた!!

昔から美味しいものをよくご存知で、またこの店が美味しいと聞くと必ず訪ねて味わい、自ら打つ「うどん」に生かすべく研究・研鑽に励んでおられました。宿舎の隣に住んでいたことをいいことに、しばしばご相伴させていただいていたわが家族だったのでした。

 そのご主人が第二人生、味のプロとして渾身の力をこめた「うどん」これは何としてでも絶対に食べに行かねばと、今週末の出張の機会に乗じて訪れたところ・・・何と運の悪いことに「定休日」だったのでした。

 そこでお隣の火風鼎のチャーシューメンで空腹と白河ラーメンへの渇望を満たしつつ、お祝いの一言と「十勝土産」だけはお渡しせんと、お休みのところをぶしつけながら白河の南湖公園近くのお宅まで押しかけてしまったのでした。

 運良くご夫婦ともにご在宅でありまして、日ごろからのご厚情に深謝申し上げるとともに、若い頃の昔話に花が咲きなんとなんと最後に閉店の店内で味あわせていただいたワカメうどんなのであります。そしてこのワカメは肉厚の三陸産なのでした。そして掻き揚げもおまけしていただいて・・・

 あああ、このうどんの腰、のど越し、ツユ、あああっ美味い!!美味い!! 

 お休みのところ大変に恐縮至極でありますが、「清竹のうどん」ご夫婦の暖かいお気持ちのこもった「ワカメうどん」

堪能させていただきました。ほんとうにご馳走ありがとうございました!! 

DSC00040s_20100904173216.jpg

 


blogram投票ボタン





 

白河ラーメン | trackback(0) | comment(3) |


2010/09/02 (Thu) 港町の朝

 稚内の海が朝日で黄金色に輝き、遠くに宗谷岬の風力発電の風車の群れ

 ・・・出漁する小舟、今日は何を獲るんだろう・・・昆布?
DSC07425s.jpg


 

blogram投票ボタン


旅の写真 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/01 (Wed) 風車群の上に昇る朝日

稚内の公園からは本当にいろいろな風景を楽しむことができました。
宗谷岬に立ち並ぶ発電用の風車の上にたなびく雲の上に大きな太陽が昇って来ました。

早起きは3文の得と言いますが、早起きはそれよりも大きな喜びや楽しみができるマジックアワーなのでした。
旅の楽しみは、早起きと日の出の光景のデジカメ一眼撮りなのでした。

そのためには好きなお酒も適度に抑えないとといいながら・・・あっ!寝過ごし・・・残念!ということも最近よくあるのでした。

DSC06961s.jpg

DSC06955s.jpg



blogram投票ボタン


旅の写真 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

けむぼー

Author:けむぼー
重種馬たちと十勝の風景の四季の移ろいを切り撮っております。

ほんとにこんな光景がここにはあるのです・・・

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード